人物


三国志と諸葛亮孔明>>諸葛亮孔明と人物へ>>孫策伯符


孫策伯符<そんさく・はくふ>




性は孫、名は策、字は伯符。人々は孫策を漢の初代皇帝劉邦(りゅうほう)と覇権を争った武将項羽(こうう)にならい小覇王とよびました。
孫堅(そんけん)(荊州けいしゅう 地方名)劉表(りゅうひょう)を攻めて戦死してからは、 袁術(えんじゅつ)のところに身を寄せていました。父は江南(こうなん 地方名)の虎として全国に名をとどろかせていたのに、自分は人に食客の身。 孫策はそれを恥じ、孫家を再開しようと考えます。孫策は父が洛陽(らくよう 漢の都)で見つけた玉璽(ぎょくじ 皇帝の証) を持っていました。袁術はそれをほしがっていました。そこで孫策玉璽袁術にあずけ、代わりに兵をかりました。 また野に隠れていた賢者を何度も訪ね、必死に自分を助けてくれるように説得し味方につけました。そして孫策はあっという間に江南江東(こうとう 地方名)の地を征服し、善政を敷き賢者を集めその地位を確固たるものにしました。呉郡の太守許貢(きょこう)は そんな孫策の力を恐れた曹操(そうそう)と内通(ないつう 敵国と密かに通じること)します。それを知った孫策は 当然彼を殺します。しかしその許貢に世話になっていた者たちがいて、彼らは恩人許貢の仇をとるため、孫策を暗殺します。 江南江東に瞬くまに勢力を広げ小覇王とまで呼ばれた孫策でしたが、あまりにも早い死でした。孫策このとき二十七歳でした。


三国志と諸葛亮孔明>>諸葛亮孔明と人物へ

Special Thanks
ホームページ作成とHTML ホームページ作成、HTML もてる男ともてる女 マウジー(moussy)通販
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット