戦争


三国志と諸葛亮孔明>>諸葛亮孔明と戦争へ>>逃亡戦


逃亡戦


先の戦夏候惇(かこうとん)が 十万の兵を率いていったにもかかわらず、わずかな兵しかもっていない劉備(りゅうび)に敗れました。 曹操(そうそう)はこれ以上劉備をのさばらしておくわけにはいきませんでした。 そこでこの機会に南方を制覇しようと、曹操は五十万の兵を率いて南方攻略に向かいました。 このとき荊州(けいしゅう 地方名)劉表(りゅうひょう)は危篤に陥っていました。劉表劉備 にあとを継いでもらおうと思いましたが断られたため、長男の劉g(りゅうき)に継がせようとします。そして劉備 には劉gの後ろ盾となってともに国を守ってくれるよう頼みます。これを聞いた、荊州の軍を任されている蔡瑁(さいぼう)は困りました。 劉g劉表の先妻が産んだ子でした。蔡瑁には妹がいて劉表の今の妻でした。蔡瑁はその妹の生んだ子劉j(りゅうそう) を後継ぎにしたかったのです。そんなときに劉表の危篤を聞いた劉g荊州に帰ってきました。劉gが劉表に 会ってしまっては劉gが後継ぎになったことがわかってしまいます。そこで蔡瑁劉g劉表に会わせずに追い返しました。 そして劉表が死んだ後に遺言書を偽造して劉jを後継ぎにしました。劉jはまだ幼く荊州の実権は蔡瑁が握っているのも同じでした。 そして蔡瑁劉jを国王にしてすぐに曹操に降伏しました。これを知った 劉備の臣たちは荊州曹操にとられるぐらいなら、 先にとってしまおうと劉備にいいますが、劉備は 承知しません。そこに曹操軍の第一軍が攻めてきました。劉備らのいる新野(しんや)城は田舎の小さな城 で曹操軍の攻撃を防げるはずがありません。そこで劉備の軍師諸葛亮(しょかつりょう) は逃げるための策を諸将に指示しすぐに行動に移させました。曹操軍の第一軍が新野に着くともぬけのからでした。もう夜だったので曹操軍は ここで食事をとることにしました。食事をしていると新野城のあちこちが爆発しました。驚いた曹操軍はあわてふためいて唯一火の手が上がっていない 新野城の東門から外に出ようとしました。するとそこには趙雲(ちょううん)の隊が待ち構えていました。 趙雲の隊は曹操軍に打撃をあたえるとすぐに退却していきました。曹操軍は次の敵が現れる前に逃げようと 河を渡ろうとします。しかしその逃亡ルートは諸葛亮の計算通りでした。その河の上流には 関羽(かんう)の隊がつくったせき(ダムのようなもの)がありました。関羽 は下流から馬のいななきと人の叫び声が聞こえたので、せきを崩壊させました。下流にいた曹操軍は洪水になすすべもなく、数万人が流されました。 さらに曹操軍が敗走していると今度は張飛(ちょうひ)の隊が待ち構えていました。 こうして曹操軍の第一軍は火攻め、水攻め、普通攻め(?)で大敗北を喫しました。劉備たちは 大戦果をあげた後樊城(はんじょう)に向かいました。しかし樊城でも曹操軍の総攻撃を防げないと考えた諸葛亮荊州襄陽城(じょうようじょう)に向かうよう劉備に言いました。劉備軍劉備を慕う民を連れていたため その行動はとても遅いものでした。

襄陽城に着いた劉備が城門を開けるように叫ぶと城兵はいきなり弓矢を放ってきました。そして蔡瑁 が現れました。蔡瑁は「曹操様にたてつく者など城には入れん」と言ってさらに攻撃してきました。 すると城内では劉備を支持するものが城門を開けようとして同士討ちが始まりました。 そこで劉備諸葛亮の提案で江陵城(こうりょうじょう)に向かうことにしました。 途中で関羽諸葛亮は援軍を求めて、江夏(こうか 地名)に いる劉gのところに向かいました。しかし民を抱えている劉備軍は進むのが遅く、援軍が来る前に曹操軍に追いつかれてしまいます。 劉備の妻と子を守る役目だった趙雲は、その戦の混乱で二人を見失ってしまいます。 趙雲は血眼になって二人を探しました。そして農家の陰でたおれていた二人を見つけました。 しかし妻のほうは負傷していて歩くことができず、足手まといになるからと井戸に身を投げました。しかし悲しんでいる暇はありません。 趙雲はまだ赤ん坊の子を抱き馬に乗って駆け出しました。しかしこのとき趙雲は 百万の曹操軍の中にいました。趙雲はたちはだかる曹操軍の兵を次々と血の色に染めていきました。 それを見ていた曹操趙雲を配下にくわえたくなりました。 そして部下に捕らえろという命令をだします。これで曹操軍は弓矢を使わなくなりました。これは趙雲 には幸いしました。趙雲が逃げていると橋があり張飛がただ一騎で 立ちはだかっていました。趙雲は追っ手は張飛に任せて 劉備のところに行きました。張飛はずっとただ一騎で を防いでいました。そこに曹操が到着します。曹操軍の兵士をはじめ 曹操張飛の強さを目の当たりにして恐れを抱きます。 曹操がどうしようか悩んでいると橋の向こうの林の木の枝が揺れ動いていました。 曹操は伏兵がいるのだと考え退却を命じます。すると張飛は 橋を焼いて立ち去りました。それを聞いた曹操は「もし罠があればわれわれをそこに通すため橋は焼かぬ。 それが橋を焼いたということは罠は無かったということじゃ」と言ってすぐに橋をかけさせ追撃を命じます。ですが劉備軍を追っている曹操軍の 前に援軍をつれて帰ってきた関羽が現れます。曹操は 「やはり諸葛亮の罠だったのか」と言ってすぐに退却を命じました。こうして劉備関羽と合流し、さらに水軍をつれてきた諸葛亮劉gとも 合流するとができました。こうして劉備軍は間一髪、曹操軍から逃れることができました。そして諸葛亮の提案で 劉備軍は二手にわかれ、一方は江夏へ、もう一方は夏口(かこう 地名)へ向かいました。


三国志と諸葛亮孔明>>諸葛亮孔明と戦争へ>>ページ一番上へ

Special Thanks
ホームページ作成とHTML ホームページ作成、HTML もてる男ともてる女 マウジー(moussy)通販
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット